In order to ensure the highest quality of our services, we use small files called cookies. When using our website, the cookie files are downloaded onto your device. You can change the settings of your browser at any time. In addition, your use of our website is tantamount to your consent to the processing of your personal data provided by electronic means.
バック

気候・環境大臣ミハウ・クルティカ博士 OECDへの自身のアイディアを披露

12.11.2020

ポーランドのOECD(経済協力開発機構)事務総長候補が、11月12日のPISM(ポーランド国際問題研究所)のオンライン討論会で、同機構へのアイディアを発表します。

Webinar OECD

2020年11月12日(木)14:00-15:00(中央ヨーロッパ時間)、ポーランドの気候・環境大臣で、同国からの経済協力開発機構(OECD)事務総長候補者でもあるミハウ・クルティカ氏が、ポーランド国際問題研究所(PISM)研究室長のパトリツィア・サスナル博士と対談し、同機構が直面する挑戦課題について語ります。

進行はPISMのアジア太平洋プログラムのコーディネータ、ダミアン・ヴヌコフスキ氏が務め、討論は英語で行われます。

 

対談はPISMのYouTubeチャンネルで生配信されます:

https://www.youtube.com/user/PolandPISM

 

OECDはパリに本拠地を置く経済に関する国際機関で、1961年に設立されました。ポーランドの加盟は1996年です。OECDは、人々の暮らしの質を向上させるために、政治的及び経済的に最善の問題解決方法を探り、その実現を推進することを任務としています。同機構はさらに、社会・経済の最も重要な問題に焦点を当てた研究活動も行っています。