In order to ensure the highest quality of our services, we use small files called cookies. When using our website, the cookie files are downloaded onto your device. You can change the settings of your browser at any time. In addition, your use of our website is tantamount to your consent to the processing of your personal data provided by electronic means.
バック

国家独立記念日

11.11.2020

今から102年前の1918年11月11日、ポーランドは独立を回復しました。この日、マグデブルク監獄から釈放されたユゼフ・ピウスツキは、摂政会議から軍事権力を、その3日後には民事権力を引き受け、ついに「ポーランド軍司令官として(……)戦争状態にある、または中立諸政府・諸民族に対して」「復興したポーランド独立共和国」の世界地図への復帰を告知しました。ポーランドは123年ぶりに主権国家になり、国際舞台における主体性を取り戻しました。

National Independence Day

5世代が幾度かの蜂起で戦い、ポーランド性の精神を保持し、ドイツ化・ロシア化に抵抗した結果、1918年11月にポーランド人は自由を享受できるようになりました。独立の父であったのは、ユゼフ・ピウスツキ、ロマン・ドモフスキ、イグナツィ・ヤン・パデレフスキ、ユゼフ・ハレル将軍、イグナツィ・ダシンスキ、ヴィンツェンティ・ヴィトス、ヴォイチェフ・コルファンティといった政治指導者です。彼らはさまざまな政治的環境の出身者でしたが、1918年における共通の目的であったのはポーランド人による自らの国家再建でした。

二度と来ないこの瞬間の空気を、当時の首相イェンゼイ・モラチェフスキは次のように書き伝えています――「ポーランド人をこのとき捉えた、この陶酔、この歓喜の忘我は言葉では伝えられない。120年ぶりに、頸木は消えた。自由だ! 独立だ! 統一だ! 私たちの国だ! 永遠に! 混乱? そんなもの何物でもない。より良くなるだろう。(……)これらの短い一日を経験しなかった人、このとき全国民とともに歓喜に我を忘れなかった人は、人生における至上の歓喜を知ることはないだろう」

ポーランドが独立と自由を取り戻した、102年前の歴史的な日の記憶は今日に至るまで、私たちにとって、私たちの祖国ポーランドのために行動する励ましの源でありつづけています。